矯正歯科ってどうなの

矯正歯科のこれからは

歯科矯正は歯科医とよく相談する

人間の歯は、本来自然と整った歯並びになるものですが、柔らかい食べ物の摂りすぎや頬づえなどの悪い姿勢により、歯並びにも影響を受けて、乱れた状態になってしまう方が多いものです。歯並びが悪いと、健康状態にも悪影響を及ぼしてしまいますので、歯科矯正を行うのが良いでしょう。方法は、専用の金具を歯の表面に接着し、徐々に圧力をかけていく方法と、マウスピースをはめて行う方法などがあります。それぞれのメリット・デメリットがありますので、歯科医とよく相談して行いましょう。

矯正歯科で歯の寿命を延ばす

40代から歯を失う人々が多く、70代になる頃には、かなり多くの歯を失うのが一般的です。原因は、歯周病と噛み合わせです。噛みあわせに問題があると、食事のたびに、歯を始め、歯ぐきや顎に悪影響を及ぼします。寝ている最中に歯ぎしりをする日本人は70%ぐらいいて、とても歯に負担をかけています。矯正歯科で治療をする事で歯の負担を減らせる事が可能です。少しの矯正でも毎日影響を与える事ですので、長期的な影響はとても大きいのです。歯の寿命に関心を持ち、健康な歯を守ることは大切です。

↑PAGE TOP