一般的な矯正歯科治療

矯正歯科でエッジワイズ

矯正歯科での治療内容

歯並びを治す矯正歯科での治療で、広く行われているのがエッジワイズ方と呼ばれるもので、歯の表面に金属かプラスティックのブラケットを接着剤で付着させ、全体にわたってワイヤーをブラケットに固定します。ワイヤのわずかな弾力で歯を移動させていきます。小さな専用の輪ゴムで引っ張る事もあります。圧が加わった部分の骨は吸収され、反対側の骨には新しい骨組織が出来る事で、歯の再配列が可能になります。矯正装置を装着している子供を見ると、歯の上にワイヤーが掛かっているのが見えますが、痛くはないとの事です。

歯列矯正の常識を変えたインビザライン

インビザラインとは歯列矯正用の透明のマウスピースのことで、これをはめて生活することで歯並びを美しく整えます。「歯列矯正は目立つから、イヤ」「矯正している間、歯の手入れが雑になりそうで」そんな不満や不安を解消するために生まれた、画期的な歯列矯正システムなのです。インビザラインでしたら、従来のワイヤーを使用した方法と異なり、周りには矯正していることを気づかれませんし、取り外して歯を磨くこともできます。新しい時代の歯列矯正システムで、憧れの歯並びを実現しましょう。

↑PAGE TOP